無料カウンター
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
レビュー:ねんどろいど 博麗 霊夢

 予告から数日経ちましたがねんどろいど博麗霊夢の紹介です。

 CIMG3353.jpg

 パッケージには東方Projectの文字が。
 側面には
 お茶飲み、昼寝の日常生活
「まったり顔」で、のんびり姿を再現!!
 スペルカードで異変を解決!!
 どんな相手も手加減なし!?
 など書かれています。
 セット内容は本体、専用スタンド、曲げ左腕2種、曲げ右腕1種、お茶持ち手、お札持ち手、握り手、お祓い棒、まったり顔。
 
 CIMG3394.jpg

 スタンドは陰陽デザイン。黒内側白丸の部分に可動関節ありの支柱を差し込みます。
 ポニテにも可動軸ありで動かすことができます。
 表情は凛々しさを感じさせながらもかわいらしいという感じ。

 CIMG3395.jpg

 可動範囲は通常のねんどろいどと同じ……といっても比較対象が手元にミクかエグゼリカしかいないのですが。

 CIMG3400.jpg

 ただし、脚の可動はドロワーズのため可動範囲は若干狭め。

 CIMG3402.jpg

 左手のお札。

 CIMG3409.jpg

 右手のお祓い棒。
 ちなみに握り手は右しかつきません。あれ……霊夢ってたしか左利き……。

 CIMG3411.jpg

 そして最大のポイント(?)であるまったり顔。これは汎用性高いです。
 あとお茶の手も。

 CIMG3391.jpg

 というわけでねんどろいど博麗 霊夢でした。
 コミケで先行販売されたアイテムの一般販売というわけですが、なにやら店頭は瞬殺だったようで……
 東方で次キャラは魔理沙ですが、咲夜さんを出してほしいなぁ……
 というかねんどろいどぷちあたりでまとめて……

 
  

  
スポンサーサイト
【2009/09/30 19:19】 | 玩具 | トラックバック(0) | コメント(0)
レビュー:S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーNEW電王 ベガフォーム

 最初に言っておく、胸の顔はやっぱり飾りだ!
 というわけでSHFのNEW電王ベガフォームの紹介です。

 CIMG3351.jpg

 パッケージはシリーズ同様のデザイン。魂ウェブ商店限定の文字が印字されてます。

 CIMG3348.jpg

 ダンボールもいつものように専用のもの。何が入ってるかダンボールでまるわかりってのもなんとも……。

 CIMG3375.jpg

 NEW電王ストライクフォームにデネブが憑依することで……

 CIMG3357.jpg

 誕生!NEW電王ベガフォーム!
 デネブと一時的とはいえ契約関係にあった良太郎が為し得なかった電王のベガフォームという劇場版超仮面ライダー電王用の新フォーム。
 やっつけシンプルなデザインでまさかの登場を果たしたこのNEW電王ベガフォーム。ぶっちゃけその存在の必要性というか必然性のようなものはなく、その場のノリといういかにも電王らしい経緯から登場したわけですが、Web通販限定のSHFシリーズで登場。
 NEW電王といいガオウ、幽汽、ライジングアルティメットといい劇場版ライダーは公開直後(一部除く)にことごとくWeb限定のSHF化してますね。いやはや、上手いといいますか……
 セット内容は本体、握り、開き、拳が各両腕とデンガッシャーナギナタモード、デンガッシャーの分割形態とその腰部アタッチメント。
 可動の方は通常のSHF通りの可動。背面のマントもあまり気になりません。

 CIMG3361.jpg

 ベルトのカラー以外下半身はまるまるストライクフォームと同じものですが、大きく印象の異なるデザイン。

 CIMG3363.jpg

 ゼロノスのベガフォーム同様特徴的な星型のマスクですが、ゼロノスと違い完全にゴーグルタイプのデザインなのでどこか戦隊シリーズを思い出させる顔です。
 ゴーグル部はスモーククリアで内部にはシルバーのスリッドが入った目に当たる部分が作られています。

 CIMG3365.jpg

 ゼロノスよりもデネブのイメージが色濃く出ているその一端がこの腕。ほぼデネブの腕のデザインと同じ様になっています。もちろんそれに合わせて手のパーツの指も太くなっています。

 CIMG3366.jpg

 デンガッシャーナギナタモードはロッドモードの先端に刃が付いただけのなんともお手軽モードなのですが、刃の色はしっかりゼロノス、デネブをイメージした緑。
 ブルーの部分は装着変身のメタリックなものと違い、マーブルなカラーとなっています。

 CIMG3371.jpg

 背面マントもゼロノスにくらべ和風に。というかマントだけでなく全体的により弁慶というデネブのモチーフらしくなっています。
 中心には「弁」の文字を捩った紋章が付いています。
 マントは軟質素材のため、可動に影響はさほど与えません。

 CIMG3373.jpg

 ストライクフォームと。
 新しい電王というフォーマットで新しい電王、ゼロノスを作ったような同じライダーでも違うライダーとして存在するデザインの二体。
 西洋騎士のようなゼロノスと弁慶というモチーフにより近くなったNEW電王というのも楽しいです。

 CIMG3377.jpg

 ディケイドと。
 なんでも絡めるディケイド!といっても劇中でもあったシーンですが、特別絡みもなくあくまでディケイドはゲスト扱いだったので……。ここに超電王も加わればまた違うのでしょうが……。


 以上、NEW電王ベガフォームでした。
 今回もWeb限定というわけで、レビューを見てから手に入れるというのが難しいアイテムです。
 オークションでもしばらくは定価+くらいでしょうが、ストライクフォームのように高騰、ということもあり得なくもないわけで……
 劇中の活躍としては割と地味だった上、ストライクフォームに比べて人気も劣るのではないかと思いますが、アイテムとしては良いアイテムだと思います。
 なにしろ出ること自体が特別な価値のある路線ですから……。
 あぁイクサが楽しみだ。

 明日はこれを紹介する予定です。発送が被ってしまったのです……

 CIMG3353.jpg
【2009/09/26 22:20】 | 玩具 | トラックバック(0) | コメント(0)
レビュー:メタルシャフト
 仮面ライダーWの戦用武器メタルシャフトを紹介。

 CIMG3329.jpg

 仮面ライダーブレイドのレンゲルラウザー以来のロッド武器(デンガッシャーはマルチ装備ということで)なので久しぶりに箱がすごく横長です。
 セット内容はメタルシャフト本体とガイアメモリ:メタルのみとシンプルな内容。
 定価は3675円。

 CIMG3330.jpg

 まずはメタルシャフト本体。伸縮状態ですので長さは550㎝。

 CIMG3333.jpg

 そして展開状態。長さは670㎝です。
 ロッド部分にストッパーのスイッチが付いているのでそれで伸縮を行います。

 CIMG3332.jpg

 持ち手部分はWの意匠としたデザイン。
 クリアー部分はトリガーです。

 CIMG3334.jpg

 そしてメタルメモリ
 本体色はクリアーで発光色は白。
 ダブルドライバー付属のメモリと同じく先端の2つと表面のボタンで音声、発光を作動させます。
 メタルメモリに収録されているのは
 「ガイアメモリ名」
 「セット音→変身待機音」
 「変身音」
 「セット音→マキシマムドライブチャージ音」
 「必殺技音→打撃音3種」
 「引き抜き音」
 ダブルドライバー付属の物と違い、必殺技音の後は打撃音3種類がランダムに鳴ります。
 武器用というのもあるのか他のメモリに比べ若干音が大きく感じます。電池の差かもしれませんが。

 CIMG3336.jpg

 メタルシャフト装填時の発光部分はトリガー部分。
 手元が白く光るので結構地味です。

 CIMG3338.jpg

 そして本命のダブルドライバーとの連動。
 ヒート!メタル!
 
 メタルの変身音はデデデン!デン!デデデデン!というような重厚さを感じさせるサウンド。やはりヒートのギター音との相性が良い感じです。 

 CIMG3339.jpg

 サイクロン!メタル!
 サイクロンメタルって硬くてスピードがあるとか普通に最強バランスのような気がするんですけどどうなんでしょうか。

 CIMG3340.jpg

 ルナ!メタル!
 月でしかつくれない材質のような名前ですね。

 CIMG3341.jpg

 というわけでメタルシャフトの紹介でした。
 率直な感想としては高い。うん。
 メタルシャフトだけじゃ本当に形を模しただけの棒だし、差し込まなきゃ音もならない。そのうえ打撃音が必殺技音の後でないと出せないと……。しかもベルトから抜かなきゃいけないし。
 なりきり遊びという観点からするとかなり残念なアイテムというか……はい。
 スタッグフォンと合体というギミックをもっているのですが、それで何か音声が増えるわけでなく、ただ合体するだけ、しかもスタッグフォン自体も結構高いという……。
 しかし買わないとメタルメモリが手に入らないというのが上手いというかずるいというか。
 ガチャポンや食玩の方でも変身用のメモリは出るようなので音質とか質感を気にしないのであればそちらを、という感じです。
 トリガーマグナムの方がまだ遊べそうかなぁ……


 雑記

 トリガーマグナムといえば発売日がちょうど紅楼夢の前日なんですよね。現地で買おう。

 魂ネイション2009秋のプレオープニングレセプションを応募していたのですが、まさか当たるとは思いませんでした。
 というわけで10月1日は秋葉原へ……
 SHFの新作が気になるなぁ。
 次回の更新はおそらく26日あたりになりそうです。
 SHFの仮面ライダーNEW電王ベガフォームかねんどろいど霊夢辺りで。



 
【2009/09/19 16:50】 | 玩具 | トラックバック(0) | コメント(0)
レビュー:DX ダブルドライバー
 というわけで平成ライダー11作目「仮面ライダーダブル」のメインアイテム「DXダブルドライバー」の紹介です。

 CIMG3273.jpg

 セット内容はダブルドライバー本体、ベルト左右、マキシマムスロット、ジョーカーメモリ、サイクロンメモリ、ヒートメモリ、ルナメモリです。
 価格は定価6825円。

 CIMG3275.jpg

 まずはガイアメモリから。
 このアイテムの核ともいえるもので、サウンド、発光はすべてガイアメモリの方で行います。
 ガイアメモリ1つにつきボタン電池を3個使用。電池切れの際にお金がかかりますね……。
 絶縁体が付いている状態でパッケージされているので、それを引っこ抜いてやれば即使用可能。
 サイズはUSBメモリ型とはいえ実際のUSBメモリの倍くらい大きいです。

 CIMG3278.jpg

 サイクロンメモリ

 先端の少し上にあるボタンを押すことで「サイクロン!」と立木文彦さんの声で喋ります。
 先端には2つのボタンがあり、それらと外側のものの組み合わせで音声パターンを再生する仕組みです。
 各ガイアメモリに収録されているのは
 「ガイアメモリ名」
 「セット音→変身待機音」
 「変身音」
 「セット音→マキシマムドライブチャージ音」
 「必殺技音」
 「引き抜き音」
 の6種類。
 ちなみに引き抜き音はカブトゼクターのプットオン時のサウンドと同じです。

 CIMG3280.jpg

 ヒートメモリ

 サイクロンが風をイメージさせるCなのに対し、こちらは炎をイメージさせるHが描かれています。

 CIMG3281.jpg

 ルナメモリ

 月に見立てたLの文字が描かれています。

 CIMG3284.jpg

 ジョーカーメモリ

 Jの文字が描かれていますが、ジョーカーとまた珍しいモチーフを持ってきています。

 CIMG3289.jpg

 次にダブルドライバー本体。こちらはスロットが開く以外特別なギミックはなし。
 ベルトの胴周りは45㎝~68㎝。私はまだ巻くことができました。
 そしてガイアメモリをダブルドライバーにセット!

 CIMG3291.jpg
 
 サイクロン!ジョーカー!

 ドライバーにセットするとそれぞれのメモリから変身待機音が響きます。両方から出るので、タイミングを合わせない限りはズレます。
 そしてスロットを開くと「サイクロン!」「ジョーカー!」の後に変身音が。
 この変身音というのは両方のメモリに入っているのですが、基本的に右にくるメモリには変身音前半が。左側には後半が、というように各フォームの変身音が左右の組み合わせで変わる仕組みになっています。
 ベルト下部でガイアメモリの発光色が混ざります。ただ問題なのは下部なのでベルトをしている本人からは見えづらいということでしょうか。
 
 CIMG3293.jpg

 ヒート!ジョーカー!
 
 ヒートの変身音のギターがかっこいいです。

 CIMG3297.jpg

 ルナ!ジョーカー!
 
 ルナというだけあってルナ部分は静かな感じのサウンドです。

 なお、左右決まったが方にしかさせないようですが、じつは左右関係なく差し込めるので、ルナとヒートなどの組み合わせもできます。ただし、同じ右側なので音声が全部被りますけど……

 そして最後にマキシマムスロット

 CIMG3299.jpg

 ベルト右側に引っ掛ける形でつけます。

 CIMG3300.jpg

 差し込むとこのような感じ。差し込むと「ジョーカー!マキシマムドライブ!」のセリフの後にチャージ音が鳴り始めます。そして真ん中にあるスイッチを押すことで必殺技音が鳴ります。

 CIMG3301.jpg

 設定上ジョーカーしか差せないようではありますが、こちらも他のメモリを差すことができます。
 また、各メモリそれぞれ違ったチャージ音、必殺技音を持っているのでこの商品だけで4つの必殺技が再現できることになります。ただし、音声だけですが。

 CIMG3287.jpg

 というわけでDXダブルドライバーでした。
 価格がディケイドライバーと同級の7000円近くという高価の割にダブルドライバー本体は大したギミックもなく……という感じで多少の割高感はしょうがないかなぁとは思います。
 ただ、ガイアメモリはなかなか面白く、龍騎のカードデッキやファイズフォンといった携帯できる楽しさがあり、その上で音声ギミックを搭載ということもあって楽しいアイテムになっています。
 また、いろいろと後から増えたけど玩具は最初から決まっていたものしかサウンドのなかったディケイドライバーとは逆に音声があとからどんどん追加できるのも魅力です。
 再現できるのは9つの変身のうちの3つ。6つの必殺技のうちの4つ。これを多いととらえるか少ないととらえるか……
 総論からすれば弄る楽しさと音声を楽しむ部分が上手く合わさったアイテムに仕上がっているのではないでしょうか。ただ欠点とすれば、本体価格、音声の追加=ガイアメモリの追加に金が掛かりそうということでしょうか。
 あと変身ごっこが二人いないとできないことかな……。 
 

 おまけ

 CIMG3303.jpg

 ライダーヒーローシリーズW01 仮面ライダーダブル サイクロンジョーカー

 実物はもっと緑の部分がメタリックしてます。シンプルなデザインなのでプロポーションも良好。

 CIMG3304.jpg

 そしていつもの商法の初回特典ガンバライドカード。
 性能は劇場版入場特典のダブルと全く同じです。









 拍手レス
>何でアリスって存在自体がエロいんだろう・・・と思うのは俺だけですか?

 だいたいわかった。つまりアリスがエッチなことをすればエロス×エロスのダブルサイクロンということだ……!

【2009/09/04 15:32】 | 玩具 | トラックバック(1) | コメント(0)
リリティア


東方の二次創作と玩具レビューのブログ

プロフィール

流雲

Author:流雲
趣味:ゲームやらアニメやら東方やら。あと玩具屋めぐり。
ネチョSSなんて書いてます。




↑バナーです。ご自由にお使いください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。